緊急時の児童引き渡し方法

1 東海大地震注意情報が発表された時の保護者の対応について

児童が登校している場合,保護者の方に迎えに来ていただき,直接児童を引き取っていただきます。

2 東海大地震注意情報が発表された時の登下校・授業の取り扱いについて

在校中
  • 授業または学校行事を直ちに中止し,児童を運動場に誘導・避難させます。「児童引き渡し調査票」で確認した上で,保護者とともに下校します。
  • 児童は,基本的に保護者または児童引き渡し調査票に登録された代理人の方に引き渡します。(「児童引き渡し調査票」で確認した上で,保護者とともに下校します。)
  • 保護者への引き渡しができない児童は,学校内において待機させます。
登校中
  • 集合場所で知ったときは,速やかに帰宅する。
  • 集合場所から学校までの途中で知ったときは,安全に留意し速やかに登校する。保護者の引き取りを待ちます。
下校中
  • 原則として,速やかに帰宅するよう事前指導を徹底する。事態によっては,職員の引率で下校する。
在宅中
  • 当日(翌日)の授業または学校行事を中止し,東海地震の発生の恐れがなくなるまで臨時休校とする。

児童引き渡し場所は,晴天の場合は運動場になります。雨天の場合は教室(兄弟姉妹のある時は,一番年下の子の教室)になります。

3 児童引き取りまでの順序

(1) まず,運動場(雨天時は教室)の児童が並んでいる後に待機してください。
(2) 担当教師の連絡に従って,保護者の方は待機場所から児童の列に入り,自分の子どもの横に静かにすわってください。
(3) 担任,誘導係の指示で,順番に子どもと一緒に担任の所へ行き,チェックを受けてください。
(4) 兄弟姉妹がいない場合は,担任のチェックが済んだ時点で下校してください。
(5) 兄弟姉妹がある場合は,上の学年の児童から引き取ってください。引き取ったあと,下の児童の学年学級へ行き,児童の横へ行き,すわって順番を待ってください。